気づいたら沼だった

可愛いイケメンが大好き!!!と叫ぶ

描いた未来たどり着くまで

何かと現場に恵まれた私は湾岸LIVE Prince公演に参戦していた。

レポはいろんなところから既出されていると思うので、

私が初めて自担の単独ライブに行った時の感想を述べたい。

 

 

まず率直に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Princeはいいぞ

 

 

 

 

 

 

さっそくモンペが出てしまっていてげんなりされたら申し訳ないのだけれど、

モンペひいき目なしに、こんなに幸せだった時間は久しぶりだった。

 

何が、どうよかったのかを言わせてほしい

 

 

  • セトリ・演出が素晴らしい
そもそもこの湾岸LIVE改め土日のお台場遊び場踊り場(長い)は
今までのコンサートやライブですでに披露されていたありあわせの曲ばかりだった。
この時点でセトリへの期待感は想定できてしまっているが、なぜセトリに沸いたのか。
 
大事な一発目にオリ曲、描いた未来~たどり着くまで~を持ってきた。
会場の高揚感を分かりやすい盛り上げソングではなく、
名曲と言わしめた大事なオリ曲を持ってきた。すでに私は泣いていた。
今始まったばっかりなのに何このフィナーレ感。
 
そして序盤にPrinceの武器である少年隊メドレー
キレッキレのダンスに精悍な顔つき、美しい歌声。
少クラで擦り切れるほど見たのに伝統と王道を生で見せつけられた衝撃は忘れない。
君だけにで、すっと照明が落ちピンスポだけの3人と静まる空間。
余計なものを削ぎ落した演出。Jr.で見られるなんて思ってもいなかった。
あの数分会場全体が3人の歌に酔いしれていた。
 
続いて怒涛のシャッフルメドレー
ソロのバックをメンバーが踊るという豪華な演出。Japonism showのソロメドレーがよぎった。
愛テキで我が軍の姫が男のエロさに息が乱れ、雪白の月のWゆうたに恋をして、ハブラシで酔いしれたと思いきや、きしいわのケツとおふざけを拝み、ボニバタでじぐいわ厨は天に召され、クレムンの岸くんにとどめを刺されるという
オタクフルボッコの息する間もない時間だった。
 
MCももちろん3人だけなのだが、先に神宮寺が着替えに捌けてきしいわで回し、
そのあときしいわどちらも捌け、神宮寺だけでMCするという連携プレイ。
一人で場をつなぐの想像より難しいと思うのに、危うさのない喋りに脱帽。
 
ライブ終盤、最後の曲として持ってきたのがまた描いた未来~たどり着くまで~

帝劇で披露した2番をここに持ってきた。

 

そうか、私たちが見たこのライブは彼らが描く未来にたどり着くまでの軌跡だったのか。

 

$10とかドンセクとかPrinceになる前の時代を含めて、彼らの道筋を見た。

この曲で始まり、この曲で締める意味を考えたとき、このセトリに震えた。

スタンディングしてたけど、スタンディングオベーションした。

 

アンコールにFor The Glory、DREAM STAGEとこの先の未来と夢を感じさせて

To be contined...させるのりしろも忘れてなかった。まだまだ彼らの描く未来の序章に過ぎないのだ。

 

 

 

 

 

 

  • 企画が素晴らしい
既出の曲を組み合わせるだけでは、今までのライブと変わらない。
今回ならではの企画で違いを見せるしかないなかで、我が軍の企画者神宮寺さん考えました。
みんなでPrincePrincessを踊ろう!!!と。
 
我が軍の最年少の何が天才かというと、
・MC流れのミニコーナーをするのではなく、セトリの1曲としてこの企画を盛り込んだ
・ファンの誰かではなく、みんなで参加できるものであること
・ファンみんなが同じことをすることによって一体感と平等感を演出
・ファンならみんな知ってる自分たちのオリ曲を選択
・この企画をしながら客降りをして会場を駆け回る
 
このすべての要素が一曲に含まれているのが天才。
気配りの天才こと神宮寺さんはフルでファンに躍らせるのではなく、1番はPrinceのパフォーマンスをちゃんと見せる時間を設けている。
 
なんだこの手厚い福利厚生は。誰も不満にさせることなく遂行できる演出なんてあったのか。嵐のファンライト並みの一体感だった。
 
 
しかし、演出の立役者なのは神宮寺さんだけではなかった。
オーラスのトリを演出したのは我が軍のお嬢岩橋さんだった。
Wアンコにまで引っ張りに引っ張ったのは最年少20歳の誕生日祝いだったのだ。
プリンスホテルから発注した大きなバースデーケーキ、神宮寺のプラベ写真のプレートのみならず、ここで岩橋さん粋な計らい
『Happy Birthday to Jin Genki Yuta Princess
ここにPrincessを表記してくれてることにとても感動してしまった。
え、私たちこのバースデー企画にお金払ってたっけ?とか考えてしまうくらい、
ちゃんと神宮寺のバースデーを祝う人は僕ら2人だけじゃないんだよと察してくれていたのだ。こんなにできたアイドルいただろうか。
別にPrincess表記がなくても良かったのに、ファンのことを考えていてくれている何よりの証拠だった。神宮寺のお祝いだったのに、私たちまで幸せをもらってしまった。
 
後に結婚式とレポされるこのバースデー企画の所以は、岩橋→神宮寺へのファーストバイトとお祝いメッセージなのだが、この演出はじぐいわ生産機岸くんである。
はいはい、じぐいわじぐいわネタを提供してくれているのは紛れもない岸くんである。
神宮寺へお祝いメッセージの際に「あ、先に俺が言う!」とじぐいわを察し、なんて空気の読める子なのか、この子アホの子ではないぞ?とじぐいわ厨の私は岸くんに向かって拝み倒した。
 
 
こんな温かい雰囲気に包まれ、この後2回も「ありがとう!」と舞台袖から伝えてくれて、拍手で終わるコンサートは初めてだ。
終わった後の余韻が多幸感にあふれて、心から楽しかった。
それは、Princeが思いを伝えることを惜しまない子たちで、ファンを置いていかず、
何より、3人がPrinceのこと大好きでそれがファンにも伝染しているのだなと感じた。
3人が笑顔なのは3人でいるからだろうし、Princeが幸せそうだから私たちも幸せに思う幸せの連鎖を知ったからには、箱推しせざるを得ない。
これから描くどんな未来にも、3人でずっと一緒にいてほしいと願わずにはいられない。
 
 
Princeはいいぞ
 

Twitterのbio欄の歌詞を考えてみた②

お久し振りでございます。

パート2でございます。

前回は私のホーム嵐さんでお送りしましたが、

今回は西のホーム関ジャニ∞で考えてみようと思います!!

 

 

飽きてたらごめんね!!私も飽きるまでやるよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ∞

 

 

エイトは何と言ってもテンション上がるような活気溢れる曲が特徴的。そしてネタ曲。

自分のオタク人生ワッショイ!自担バンザイ!なオタ活を謳歌なさっている皆様にオススメしたい。

バンド曲も増えてきたので、盲目的な愛の煽り文句としても最適。

 

誰にどう言われても、遺伝子レベルでオタクだから仕方ない( ˆoˆ )/

ほとんど持病だから、どう考えても自担が一番じゃない??自担しか見えない(盲目)

泥臭くともガムシャラな自軍最高!!まだまだこれからだぜ!!!

な方にオススメしたい。

 

ガヤがやいやいしてるだけなのかな、と思ったらガムシャラなヤツらなのでクサい台詞も言っちゃったりしちゃうため、語彙力を失っていくような自担に陶酔しきってる酔いつぶれたオタクにもオススメです。

 

あと、bio欄でふざけに走りたい方は是非コチラのネタの宝庫まで。

 

 

 

 

 ・そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃ

・How far did I run? Don't know where to go !

・Here we go then!

【Tokyoholic】

 

 

・ハピネスハピネスハッピネース

【ふわふわポムポム】

 

 

・ステージの上から夢の押し売りって?

 ・日常とは違う異空間へようこそ

【勝手に仕上がれ】 

 

 

・誰かのもんだって かまやしないよ 好きになったっていいじゃん

WASABI

 

 

・奇跡を起こしたいなら 自由に生きて 愛しなよ

【ふりむくわけにはいかないぜ】

 

 

・踏み出した一歩は 歪でも宝だった

【RAGE】

 

 

・意味を求め意味を抱く 信じたフィールドに立つのさ

【wander】

 

 

・大切と想ってたって 伝えなきゃ伝わらなくって

【って!!!!!!!】

 

 

・もしかしたらこれって“愛”?

モノグラム

 

 

・暗い闇は永遠に 続くことは無い!

【泣かないで、僕のミュージック】

 

 

・いつも満たされたわけじゃない だけど明日に胸躍らせ

【蒼写真】

 

 

・僕にとってスウィートなお相手

【ローリング・コースター】

 

 

・“目障りだけど気になるアイツ”になりたい

【ブリュレ】

 

・惹かれたのは ここにある熱いモノが似ているから

【ひとつのうた】

 

 

・“恋しい”と“愛しい”を描いた君のグラフィティ

【エネルギー】

 

 

・今は未来に向かう道の途中だ

【Heavenly Psycho】

 

 

・何度生まれ変わっても 君とここに立とう

・僕らには夢を叶えられる力がある

【DREAMIN' BLOOD】

 

 

・手をのばせ つかみとるんだ

【ONE】

 

 

〇ソロ・ユニット編

 

・愛おしいからすべて撃ち砕く

【Revolver】

 

・君が抱かれたいのはダレだ!?〇〇(推し)!!

・俺のやることなすことハンパない

【愛 Love You】

 

・僕にも大切な仲間ができました

【413man】

 

・どんなときも君と笑おうそう決めたんだよ

【道】

 

・愛した僕の負けなのか? 愛された君の勝ちなのか?

アイライロ

 

・逢えない毎日で募る愛と 逢えたトキの嬉しすぎる愛を

【わたし鏡】

 

・何か意味が欲しかったから手をとってキスをして

・優しい言葉で抱きしめるんだ 力ならもっと強いほうがいい

【monologue】

 

・僕らの時代を作るぞ!このマイクを持って!

・『僕らが本気を出したら、君たちを惚れさすことだってできるんだぞ!』

【my store 〜可能性を秘めた男たち〜】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、長い。本当はもっと出せるけど長いから抜粋で。

 

嵐さんと比べるとやっぱり言葉がストレート。

前向け!!頑張れ!!好きだ!!ってワードそれぞれにパンチがある。

真っ直ぐに気持ちをぶつけてくれる彼らの歌には愛に満ちてて何度も泣く。自分たちだけじゃなくてオタクごと士気を高める歌詞が眩しくて彼ららしくて好きだ〜

 

系統的におわかりかと思いますが、FIGHTと8uppersが好きなんですよ!楽曲はもちろんコンサートもすげぇカッコイイので是非見ていただきたい。

RAGEとか何でもっと世に出ないんだ!!(ドンドン)と何度机を叩いたことか!!とアルバム曲こそ名曲が揃いまくっているのでおちゃらけグループかと思ってる人こそ聞いて!!!

 

ソロ・ユニット曲は、すばるは歌声・パフォーマンスがワイルドなように歌詞もストレートで攻めててカッケーっス。RevolverはPVも長髪・Yシャツ・ジーンズ・裸足というどちゃくそイケてるビジュなのでご査収下さいな。

 

村上ことTAKATSUKINGはインパクトの塊。特にキントレで『君が抱かれたいのはダレだ!?』に推しの名前を叫ぶ件めっちゃ楽しかったので本家も見てくださいね。ここには書きませんでしたけど一番好きなのは『エビバァディー!!!!』(ニュアンス)です。ご確認ください。この曲がお昼の放送で流れた時のざわつき忘れません。

 

横さんの413manはフルで聞いてください。なんならpuzzleのライブ映像で見てください。この歌詞を歌いながら後ろでバンドしてるメンバー見るシーンでグッと来ない人はいない。ただみんなソロ曲後そのまま演奏してるので、ベースが隆heyでキーボードがバブンなのでちょいと涙引っ込みますが。

 

道はまるすばのシュールなビジュにしっとりバラードのアンバランスさが好き。様子はすごい可笑しいのに2人のハモリと素敵な歌詞で感情めちゃくちゃになります。

 

私はヤスの作る曲が本当に全部好きなんだけど、その中でも王道の曲を抜粋してしまいました。もはやヤスの曲は全部有名だからもうしょうがないんだけど。関ジャニズムの初っ端のギターかき鳴らしてピック投げるのマジ爆イケで死ぬ。ヤスくんじゃなくて章大になる。一方で47のわたし鏡は声甘すぎて蕩けて死ぬ。同じギターでも演出がまるで違うから2回死ぬ。

 

錦戸さんは言葉が綺麗。情景が浮かぶ歌詞なんだけど、ソロ曲は別れとか挫折とか悶々とした曲が多い。ユニット曲になると他のメンバーに影響されたり、ちょっと控えめで不安げな純情な少年みたいな可愛い歌詞を書くところも魅力的。ユニット曲でメンバーとの関係性が伺える所も推せます。

 

丸倉安(三十路)がランドセル背負いながら歌うmy store。かつて関ジミ3と言われたからか、『冴えない僕らが歌うぞー!』と始まるこの曲は全く地味な面影なくガムシャラな盛り上げソング。そうだぞ!君たちがいる所がセンターで一番カッコイイぞ!!元気の出るライブ!にて大倉不在の代役すばるパターンもカワユスなので見てみてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのEXシアター

茶の間生息の私、初めてEXシアターなるものに行ってきました。普段のコンサートとは遥かに違ったので感想を。

 

 

 

あの祭りから2ヶ月後、私はまた現場行きのチケットを掴んでいました。

〜君たちが〜KING'S TREASURE

略して“キントレ”のワードが飛び交いました。

私は惜しくも自担+箱推しのprinceちゃんの公演は当たらず、友人の推しが所属するKINGHiB公演に行くことになりました。

 

さぁて、推しがいない公演であるならば、まずその公演で推すべき子を見つけなければなりません。

実は前々から気になってた浮所くん。

ハチャメチャ可愛いと射程圏内に入れていましたが、浮所くんは私の弟と同い年(高1)。

「弟と同い年の子に手を出すのか私?」と犯罪臭がするので自制していたましたが、せっかくの巡り合わせ、晴れて浮所くん推しデビューを決めました。

 

けれども、私にはEXシアターの現場経験はありません。ざっくりと知っていた情報は

・うちわ禁止

・指定席以外スタンディング

・とにかく近い

くらいしかありませんでした。

 

普通ならば、うちわで自担アピできる所を制限されている。あの自担生首をぶら下げる若さはない。ならば服装でアピるしかない。

思い立った私は参戦服を友人と買いに行きました。

浮所くんのメンカラはオレンジ

着たこともない、探したこともない色。

あの109でさえ、オレンジの服は僅か。

世の浮所担は何着てるんだ??と頭を抱えました。

あぁ、メンカラ黄色って恵まれてた…(二宮)思わず黄色の服に手を伸ばそうとするのを必死にこらえてようやく服を買いました。

あまりオレンジ主張してないけど、ペンラで最終的にアピれば大丈夫だろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

安直でした。

 

 

キンブレオレンジ色迫害問題

 

 

プレ販で流れてきた情報では6色のうちにオレンジ色はないとのこと。

服選びでも迫害を受け、さらにはキンブレにも及ぶなんて、、、

つくづく世の浮所担と悲しみを共有したかった。

 

 

 

〇チケットの件

前述の通り、私は体力が婆なので、指定席で座りながら鑑賞したいね〜、なんて友人と言っていた。スタンディングはとにかく体力勝負だと飛び交っていたので、なおさらだった。

そして、初めて整理番号なる表記のチケットを経験。どの数字がどの位置なのかさっぱり。

しかし、経験アリの友人によると

「祭より近すぎて、この差に頭キーンってなるよ、汗の雫まで見える」

マジですか、、、

どうやら、とんでもない早番に当たってしまったらしい。

マズイ、体力全然ない。ってか、整理番号って何ぞや??待って待って、EXシアターって他のコンサートと何が違うの??

 

 

 

 

 

EXシアターは3階立て。

f:id:sonma-ninsoh:20170726013205j:image

指定席はB1,2であり、B3は完全スタンディングという名の客席はない無法地帯である。横アリの立ち見のようなものである。

スタンディング席の場合チケットに印字されている文字は

【アリーナ スタンディング B3階 ○○○番】

最後に書いてある○○○番が整理番号。

この番号は1〜1600番台まである。1600人がこのフロアに収められることを意味する。数字が小さいほど早く中に入れる所謂早番である。

入場までは、屋上(2階)で番号毎に待機。開場時間近くになると係の人が並べ出すが、番号を確認して番号順に並ぶのは客同士で確認して並ぶ。

つまりはスタンディングは遅刻厳禁!!

圧倒的に不利になりますよ!!

 

番号が早い人から階段を下って開場まで2列で進む。開場に入ったら自由に場所を確保できる。先に入った人から前に詰めなくてもいいので、先に埋まるのは最前と手すり近く。

f:id:sonma-ninsoh:20170726014956j:image

後ろの手すりは1段高くなっていて、後ろでも見やすい。なぜ手すりが人気かと言うと

足が疲れるから

に尽きる。席が無いために寄りかかる場所がこの手すりしかない、命綱だ。この手すりがある為に、3桁でも前の方に行ける可能性がある。1600番台だって、横の方が空いていれば前に滑り込めるし、バルコからファンサも貰える。

つまり、この整理番号は【最前or手すり争奪戦】のための番号とも言える。

早番であればあるほど、出来るだけ前に行くか、手すりを確保するかの究極の選択に迫られる。ちなみに、ステージの高さと客の目線は同じくらい。前に行くほど首を上に向けなければならない映画館式。めちゃめちゃ首痛くなるよ!!

 

私は100番台だったため、その選択に迫られましたが、前に行くことを選びました。客席から見て右側の前から5~6列目くらいの位置を確保。ステージからこの位置まで2mあるかないか(めっちゃ近い!)

 

今回のキントレは今までのEXとは違うらしく、バルコニーからB2階の前に花道があり、実はB3の後ろの方も彼らが来れば最前になる仕様になっており、後ろの方も争奪戦になった。ましてや、見学席がB2バルコニーのどセンター。見学者が間近で見れるプラス彼らと見学者の絡みも激しいことに。ステージ最前だとこの絡みはとても遠く感じる。

あと、キントレは動くミニJrマンションがあって、登場するやいなや、めっちゃ前に出てくる。「え、待って待って近い近い!!」って動揺するほどだった。

 

この時浮所くんの位置が私の視界とドンピシャだったので、近づいてくる浮所くんに戸惑いまくりました。

 

 

結局何番でも、他の会場よりとてつもなく近いからどこでも楽しめます。あとは本人の好き好きで位置取り確保してくだせぇ。初日じゃなければ、レポで自担がどこのポジションにいるのか把握して位置取り決めるのが一番いいかも。

 

私は右側だったけど、浮所くんが最初以外殆ど左側だったから、見にくかった…

代わりに那須くんが右側だったので、あの美しき顔面をこれでもかと拝み倒しました。

実物めっちゃイケメンだぞ。近くで見ると想像よりイケメンだぞ。

周りの子も、自担じゃなくても

「え、那須くんめっちゃイケメン…」

って呟いてたからな…眼福。

 

 

 

 

〇身なり

EXシアターとコンサートでは服装は違うのか。

B3においては違います。

まず、失敗したと思ったのはカバン

EXのプロ達は自分の荷物と小さなカバンやポーチを持参していた。いくらうちわがないとはいえ、かさばる荷物。いつもなら椅子の上に置けるのだが、椅子という概念のないB3はとにかく置く場所が無い!!

私は容量のあるトートバッグを持っていったのだが、足にトートバッグを挟んでいるのは結構苦痛だった…

・色んな場所に移動する彼らに体を向けるのにカバンが邪魔過ぎたこと。

・公演が始まると特前に詰められるのでカバンがあるとめっちゃ邪魔

(強者はカバンを前に置くことで場所を広く確保していたが、それもイライラするほど邪魔)

客と客の間がとっても狭いのでなるべく身軽にするべき。EXシアターにはロッカーがあるので、大きな荷物はロッカーにいれ、必要なものだけ小さいカバンに入れて開場に入りましょう!

 

そして

立ちっぱなしというから、スニーカーでなるべく疲れないことを優先したが、大多数がヒール!厚底!足くじいたら終わり!!みたいな靴を履いていました。ヒールはマナー違反ですが、最前ほど目線が上になり、最後列はステージが遠くなるために背の低い人は盛らざるを得ない状況。みんなが盛靴辞めればいいんだけど、果てしなくデカイ人が前だといよいよ何も見れない。良識ある子は疲れにくい靴にしようね、婆ならなおさらだからね。スニーカーでも公演後は足が上がらなくなったよ(婆)

 

そして、服装

キントレは夏場。みんな露出度の高い服でした。ぶっちゃけ、ステージからは顔と頑張って上半身しか見えないので、下は露出してもしなくても見えません。何か履いていれば良いです。EXの屋上はやけに風が通った(この日だけかしら)から、ミニスカート履いていた人は見るも無残なことになっていました。女子高状態でまだ良かったけど。私はキュロットで参戦。風吹いても余裕で人権守れてました。

上半身の方が大事。下着とか水着じゃなきゃ何でもいいけど、とにかく隣と距離が近いから、汗ばんだ素肌が接してぺたぺたしてて、ちょっと気持ち悪かったという感想。気になる人は袖は長めで。B3は本当に人口密度高くて空調効いていないも同然だし、ライト当たるとホントに暑いから、厚着はシンドイかもね。矛盾してるけど。水分とるスペースもないから脱水症状気をつけて…

 

 

 

 

あと、これはファンマナーだけれども、

私の隣が非公式キンブレ6本もちの3人組だったんだけど、両手に3本ずつ持って脇開いて振ってて本当に邪魔だった。ひじアタックされまくったし、キンブレに顔かぶって見えない。挙句には自担がセンターに来る度に3人が入れ替わって本当に気が散る。自担じゃない場面は狭いっていうのに座り込む。アンコにはカンペも出してた。3人組の推しとと私の推しは違ったから切実に単独公演してほしいって思いましたまる。

 

 

 

ちなみに、ファンサ

この3人組に関しては悪い意味で目立ち過ぎて彼らの視界に絶対に入ってたんだけど、KINGは初めの方でサラッとファンサしたきり、構わず、那須くんに関してはその集団に対して1度もファンサしませんでした。那須くんがファンサ控えめなわけではなく完全に視界から排除してた…怖いくらいに干してた…過剰なアピは若い子がドン引きするのでやめてあげてね…

 

ファンサが1番貰えるのは、B3はバルコニーの花道。ちょっと距離あるけど、良く見えるので構ってもらいやすい。B1,2は断然B2前の花道。ファンサのための花道だから沢山構ってもらいましょうね。花道のファンサはみんな世界一だよ!!

 

最後に彼らが紙テープ飛ばすけど、かなーり長いのでB3なら距離的に届くけど、前の方が沢山ちぎっちゃうから、紙テープ欲しい人はやっぱり前の方へ。平野はB2まで届いたらしいので、人によって様々ですね。

 

 

 

 

 

 ざっくり感想

・近い、近い、とにかく近い、近すぎる!!

・&足疲れた、首痛い(老い)

 

 

・平野→この子本当に同じ次元に存在してるんだ…圧倒的なオーラ、圧倒的イケメン、MC中もずっとニコニコして話を熱心に聞く子。花道で他の子とすれ違う時も、率先した道を譲ってあげてた、カッコイイよ先輩!!!エースってこういうことなんだな…

・れんれん→この子も右側だったからMC中ずっと見てた。本当に綺麗な顔。脚長い。舌ペロ凄いしてた。サバサバしてるタイプかなと勝手に思ってたけど、まんべんなくいろんなオタクにファンサしてて、優しさを感じた。懐古の整形ネタめっちゃウケた。

・海ちゃん→あの近さであのダンスは圧倒的。マジで1番ダンス上手い。MCとダンスのギャップがシンドイ。意外とメンバーとかHiBちゃんに辛辣コメントでキレキレだった。大きく手を振って会場中にファンサしててめっちゃいい子(甘い)あとLoveSongの絵がすっごい上手くてビックリ!イラストレーターなれるよ!!

 

・みじゅき→お顔が小さい…少年から男の子への成長ほどエモいことはない。あんな間近でアクロバット見たの初めて(n回目)チーム覊のみじゅきの印象のまま観たから、急な成長で頭抱える。もう立派なDKだったんだね…

・はしもっちゃん→この子こんなに大人びた顔してたっけ?Yes!とか顔がエロすぎて18歳未満なのに18禁感凄かったよ…どこでそんなこと覚えたの…(母性)もう可愛いだけじゃ収まらない男性になってた…伸びしろー…

・猪狩部長→ちょいちょいパフォーマンスに参加してなくて、心配だったけど、噂の猪狩部長のトークがキレッキレ。キレたら怖いっていう話で「弁当食い散らかしてやりますよ」ウケた。

・ゆうぴー→肌が白すぎ。照明の光で飛んじゃうのでは?と思うくらいには白い。Yes!の腰振りめっちゃ照れながらやるのズルイ。母性しかない。

 

那須くん→周りがざわつく程の圧倒的顔面。あの年齢であの完成度はヤバイ。海ちゃんの「顔が落ち着いてるよね」に激しく同意。クールにもファンサしまくってた。でも一番顔が綻んだの龍我たん絡みだった。目の前で噂のなすりゅを見てしまった…(じくいわ既視感)

・大昇くん→元気っ子。コメント色々滑ってたけど、あの純粋さだから問題なし!!年相応のフレッシュさで心が浄化された…どうかずっとこのままでいて欲しい(切実)

・藤井くん→間近でみると海ちゃんと瓜二つだね本当。カモナのジャンプがアイドルジャンプでめっちゃ可愛いフレッシュ。喜びの歌の「止まらねぇ!」が雄の声でなーくんと藤井の2面性しっかり感じました。

・金指くん→うぇぇ、殆ど生まれたて〜…控えめな感じも可愛いし、れんれんに甘やかされてて可愛い、れんりゅせみたいだった。途中の音声トラブルにキョトン顔したの目撃したオタクはみんな母性で呻いてたよ。

・龍我たん→やっぱり脚長い。コンパスみたい。お顔が生まれたて。異常に唇が赤くてどうしたのかと思ったら那須くん絡みだったのね…(意味深)回を重ねる毎に「Sexy Rose」吐息混じりになって男の子の階段を登ってる感じだった…

・浮所くん→好き…顔が尊い…MCの立ち位置が平野と隣で双子みたいだった。イタズラっ子っていうイメージだったけど、意外と弄られてた笑 ガキっぽい所もめっちゃ好き。最初のセリ出しで死ぬほど目があってた(ということにしておく)から、息止まるかと思った。沼落ち決定。

 

 

 

 

めっちゃ長くなった…オタクは沼に引っ込みます。この公演によって、ほかの沼に飽き足らず浮所沼にも浸かったことをご報告します。

行けてよかった…

 

 

 

 

 

 

沼のはまり方

【沼】オタク用語。ある特定の対象に関心をもち、対象を調べ始めいつの間にか興味が止まらなくなり、抜け出せなくなるブラックホールのこと。

 

 

オタクを嗜む皆様がよく口にする沼というワード。一体どういう事なのでしょうか。どうやって沼にハマっていくのでしょうか。沼にハマるプロセスを知っていただくことで、この現象がオタクにとって不可避であることにご理解いただけると思います。

 そしてこれは私の勝手な自論なので、オタクの戯言だと思って下さいませ。真に受けるだけ無駄です。ただのオタクです。あとめちゃくちゃ長いです。くだらないことを3500字以上書いてます。暇な時に宜しければチラッと覗いて見てください。

 

 

 

 

 

 

◎はじめに

私はジャニオタです。具体例として挙げるのはジャニーズ界隈です。

「え、ジャニーズ好きなのに他の界隈のこと分かるの?」

もちろんジャニーズ界隈以外の詳しいことは分かりませんが、沼は奥底で全ての界隈と繋がっています。入口が違うだけで沼は沼なのです。

 

私にはリア友のオタク仲間しかいません。しかも、同じGが好きな子もいれば、他のGが好きだったり、はたまたジャニーズだけではなく、K-POP・俳優・二次元と様々です。界隈が違えど、話は意外と通じるのです。対象が違うだけなのです。

重要なのは、どこの島モンなのかではなく、

どんな性質の沼なのか

です。

 

沼の性質が似ていれば、界隈も対象も関係ありません。沼は国境を越え、言語を越えます。

「あの子もドルオタらしいけど、界隈違うから話し合わないかもな…」

と思っていても大丈夫。

「あなたの沼はどんな性質の沼ですか?」と聞いてみてください。本質は皆同じです。結局はただのオタクですから。

 

本編は周りに同じ界隈の子がいない、その界隈に詳しくないから話しかけづらいと思っているオタクの皆様へのススメでございます。

及び、どうしてオタクになるのか、何故オタクを止められないのか疑問に思う非オタの皆様にも、沼の仕組みについてチラッとご閲覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 どこの沼に浸かるか、行き先を決めましょう

 

いきなり第一関門です。

オタク用語で言う【推し/担当】を見つけましょう。

あなたの目の前にはたくさんの沼の入口が広がっています。どんな沼なのか知らなくて当然です。

きっかけは何でもいいのです。友達がハマっているとか、ドラマで見たとか、顔がタイプとか、名前にパンチがあって覚えてたとか些細なことで構いません。沼の入口はどの方でも喜んで歓迎しています。気になった沼の入口を少し覗いてみましょう。合わなかったら、別の沼を覗けばいいのです。まだ、沼にはまったわけではありませんから。

 

 

 

 

気になる沼は見つかりましたか?

それでは次のステップに参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 沼の湯加減を確かめてみましょう

 

浸かる沼の湯加減が貴方に合わないと耐えられなくなりますから、まず沼の湯加減が自分に合うか確かめてみましょう。

 

湯加減=どんな子なのか、情報はそこら中に転がっています。普段どんな活動をしているのか、まずはその子の仕事っぷりを調べてみましょう。その沼に詳しい人に聞くもよし。ですが、主観が入ると湯加減がちゃんと測れませんので、情報集めはなるべく自力で行った方が良いでしょう。情報源を提供してもらうために、その界隈に詳しい人に聞く分には有効且つ、効率的な手段です。 すぐに録画やら円盤やら雑誌やらが出てくるので有効活用するのがいいでしょう。

あなたにとって「普段こんなことしてるんだ!他には?他には?」と興味が持続しそうな場合、湯加減があなたに合っていると思われるので、あなたにピッタリの沼が見つかったということになります。

「ふーん、そうなんだ。へぇー」と少し調べた段階で完結しそうな場合、もう充分あなたは湯に浸かったので、のぼせてしまう前に沼から上がりましょう。そして次の沼を探しに行きましょう。沼はそこらにたくさんありますので、自分に合った沼を見つけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 沼に潜ってみましょう

 

湯加減を確かめたら、次は思い切って潜ってみましょう。

周りのオタクやネットからの情報はあくまで、過去の情報であり、今までで情報に対して受け身だったので、今度は自分で情報をつかみに行きましょう。

特にジャニーズの場合、供給がしっかりしているので、現在進行形のその子の状況が分かるようになっています。

「お金を払うのはちょっとな…」と思う方は出演番組を観てみたり、「円盤を買うのはまだ早いかな…」と思う方は雑誌を買う所から始めてみましょう。雑誌で充分近況やキャラクターが分かるはずです。

(ジャニーズ界隈初めての方なら私のオススメはWink upです。Myojoは名前の知名度が高いですが、大衆向けというよりかは少々オタク寄り。ポポロは企画のクセが強いので、沼に浸かった飢えた哀れなオタク向けです)

 

 

 

 

 

 

4 沼を堪能してみましょう

 

そろそろ沼に慣れてきた頃でしょうか?

推しの現場に行ってみたい、生で動いてる所見てみたいと思い始めているのではありませんか?

ジャニーズの場合、残念ながら現場はなかなか限られています。コンサートは殆どFC会員でないとまず行くことはできません。僅かに一般の枠がありますが、そこの倍率をくぐり抜けることは困難です。番協や試写会などもFC優先です。ここの壁が厚くなってます。逆に言えば、ここの壁を破れば完全に沼に落ちたと言っても過言ではありません。

壁を破るのに抵抗があるならば、雑誌を定期購読するも良し、円盤を買い揃えるも良し、自担の出演番組・ドラマ・映画を欠かさずチェックするも良しです。ちゃんと自担に貢献している事になります。さらに、ジャニーズの場合、ジャニショといって彼らの生写真を販売している場所があります。価格も手頃で高画質な写真が手に入ります。直接彼らに貢献出来る場です。このような状態を【茶の間】と言います。茶の間でも充分供給があるので飽きることはありません。是非謳歌してみてください。

 

 

 

 

 

 

5 壁を破り、沼に沈みましょう

 

媒体を通じていることにもどかしさを感じ始めていますか?それならば、いよいよ壁を破る時です。

ジャニーズ界隈ではFC会員になることを指します。FC会員になるには入会金(会費)を払わなくてはなりません。デビュー組は5000円、Jr.は4000円です。会員特典として、コンサート諸々の申し込みが可能になるのはもちろん、会員限定の動画を視聴することができ、デビュー組では不定期に会報が届き、自分の誕生日には誕生日限定動画がプレゼントされます。

さらに、ジャニーズwebに登録すると、月300円で本人達が書くブログが読めます。SNSに厳しいジャニーズで唯一許されたブログなのでとても貴重です。

会費を払ったり、月額を払ったりと出費が忙しくなりますが、壁を破った人にしか分からない奥深い沼が存在するのです。

そして、コンサートに行った暁には、本人達によって沼に思いっきり沈められます。2.5次元と3次元はまるで違うのです。もうちょっとやそっとじゃ、沼から這い出ることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

沼に沈む過程は皆同じです。

また、沼の底は全ての沼と繋がっているので、他の沼を行き来することも出来ます。

沼に沈んだという共通体験があるのだから、他の沼の住人と話が合わないわけがないのです。

時々【地雷】も存在しますが。

住み心地の良い沼から出る必要がないのです。

だから、オタクは沼から出ようとしません。

沼から出る時は、自担の方から衝撃的な爆弾を投げられ、身も心もちりじりになった時(スキャンダルなど)、もう自担が沼を閉鎖するとき(卒業や退所)くらいで、自分から出ようとは思いません。

だから、「もうオタクは卒業したら?」「いいかげん現実見なよ」という文句は効果が全くありません。自分で選んで、自分で沈んだのですから、他人に引き上げられるわけがないのです。「そこに沼があったから」としか、言いようがないのです。一種の病気だと思ってください。治療意欲がない者に完治は大変厳しいです。もはや、持病ですので。

 

 

ただ、沼をある程度堪能してしまい、供給が滞ると沼の底に辿り着いてしまうので飽きが来てしまうこともあります。そうすると、繋がっている他の沼を見てみたくなる時が来るのです。1度沼に沈む経験をすると、癖がついてあっという間にほかの沼に吸い込まれてしまいます。

主体は自分なのですから、どの沼を選ぶのも自由であるように、ほかの沼に手を出すのも自由です。俗に言う【担降り】というやつです。

負い目を感じることはありません。自分が沼生活を充実しているかどうかが重要なのです。

引越ししても、引越し先で楽しければそれで良いのです。

 

ただ、自分が住んでいた沼をディスったりはしないでください。他の沼の住人を担降りに巻き込んではいけません。見たことない沼を非難してもいけません。

所詮沼は沼、オタクはオタク。

自分のオタ活を否定するのと同じです。お互い楽しくオタ活に励みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

長々と閲覧ありがとうございました。

自分のペースで、自分の沼で、豊かなオタクライフを送ってください。

 

あなたの沼はどんな沼ですか?

 

 

 

Twitterのbio欄の歌詞を考えてみた①

流行りに乗っかりつつ、ついでに私も何がいいか考えてみた。

 

自担の捉え方や応援スタンスは人によって様々であり、比例してオタクの系統も様々。従って、bio欄も多種多様。

 あからさまにGが分かるより、通な感じがいいってことで、敢えてメジャーなものを避けてみた。

 

自担のGだから、このGの歌詞がいい!と固執はせず、色々なGの歌詞の中で自分に合いそうな良さげなものを見繕うという前提の元進めていきたい。

 

 

私がbio欄に載せたい基準としては、

 

・シングルってよりはアルバム曲とかカップリング曲希望

・あからさまなオタ感が出ない感じ

・パンチがありつつ、おしゃれな感じ

・bio欄だから、長ったらしくなく簡潔に

 

と定義してみた。

 

Gによって音楽性が異なるため、このGの歌詞はこんな自担・こんなオタクにオススメ!

みたいなニュアンスで独断と偏見満載につらつら挙げていこうと思う。

 

 

 

それでも聞いてるGに偏りがあるので、そこは了承していただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇嵐編

 

嵐は前向きで且つ、青春の匂いがする儚さを持つ歌詞が多い。アイドルという眩しくも儚い存在をこれからの未来もずっと応援し続けるよという意味を込めたbio欄には最適。メンバー同士の仲の良さとかが出てるものもあるので、箱推しとかオススメ。

 

theアイドルな可愛い歌詞もあるので、あまりに可愛すぎる自担に悶えてるオタクも◎

 

と、見せかけてサクラップ筆頭に挑発的な歌詞も多数あるため、思いがけず自担の沼に転げ落ちた愚かなオタクにもオススメ。

 

 

・心で小さな泡がはじけていくみたいだ

夏の終わりに想うこと

 

・新しい世界を確かめにいこうか

【ユメニカケル】

 

・この素晴らしい世界でほら 君のことを見つけた

【キミの夢を見ていた】

 

・さぁさ世界のド真ん中 突っ切っていけ

【TRAP】

 

・巡り会えたそれだけで幸せだって思えるよ

【君が笑えるように】

 

・愛だの恋だの言ったって 理屈では語れぬ

【Rock Tonight】

 

・僕らは不可能を可能にするDreamer

【Rock this】

 

・奇跡など待たないよ 陽の差す方へ

【LIFE】

 

・誓えるよこの愛を100年先も。

【5×10】

 

・瞳に今ずっと 恋してるのサイン

・簡単なことだよ 愛情注ぐ 理由はいらない

【ROCK YOU】

 

・もう一度あの日に戻るとしても 同じ路選ぶだろう

【Oh Yeah!】

 

・僕らは泣いて笑ってそれでも明日を夢見てしまう

【素晴らしき世界】

 

・君の願う未来ならば 僕の未来だろう

【ココロチラリ】

 

・ずっと繋いできた その手は嘘じゃないから

【Still…】

 

 ・明日もそう 夢に 向かって 悩んで 笑って 笑って

僕が僕のすべて

 

 〇ソロ

 

・どれくらいの奇跡が重なってさ 僕らはこうやってさ出会えたんだろう?

【Friendship】

 

・触れずとも 魅せられて

【暁】

 

・君にはもっと この先ずっと 笑っていて欲しい

【このままもっと】

 

・もう少し あと少し この距離がどうにかならないかな

【メリークリスマス】

 

・愛しき日々よ いつまでも幸せ溢れて

【Baby blue】

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐さん、やっぱり名曲揃い。

恋愛絡みだとすっごい盲目っぽくて、振り回されがちだけど、所謂『嵐っぽい』曲は横並びで駆けてゆく感じで青春の匂い、、、

 

ソロ曲はほんとにFriendship単推ししたいくらい好き。運命的な出会いも、叶わなかった夢も、みんなでいれば無敵だよねって、とても純粋で儚い曲をキラキラな笑顔で相葉さんが歌うんだよ…マジ、途中から他メンも歌い出すの涙腺決壊だからアラフェス12見て…

 

リーダーのソロはね、切ない別れの曲多すぎて難しかった。別れる曲か夜の街へ誘われる曲かだからね、、、本当リーダーのソロってめっちゃ大人の男の人で、惚れる、ワンナイトラブでいい!!あと、リーダーソロの歌詞は日本語が綺麗で素敵。暁とか優美で優雅で近寄り難い。美しきリーダーのソロ曲聞いてみて…

 

翔ちゃんはどうしても警官服とかラッパーとかチラついて帝王櫻井君臨のイメージ強いけど、意外と爽やかソング歌ってるんだよ??帝王じゃない櫻井はめちゃめちゃあまーい歌声で耳から蕩ける。こんなあまーい曲でもラップあるからまた違う歌声も聞けて二度美味しい。ご賞味ください。

 

ニノちゃんは虹は殿堂入りしたとして、ソロ曲がストーリー仕立てが多くてピックアップ難しいね。物語性を理解した上での歌詞なのでね。遊び心あるし、言葉選びも秀逸でニノちゃんらしい曲いっぱいなので、とりあえず全部網羅して下さい。虹〜それはやっぱり君でしたの流れでスタンディングオベーションしますので。

 

潤くんもね、難しいかったな。ヤバイ曲かエロい曲か英語でエロさをカモフラージュした曲(和訳ヤバイ)で構成されてるので…珍しくBaby blueは爽やかに切ない曲を歌ってるのが来たので「あぁ、大人になったのね…」となんだかホッコリしてしまう曲です。MJウォークのあのヤバイ曲の後に聞くとより感じますので、母性溢れる人は聞いてみてね。

 

 

 

やばい、めっちゃ長くなった、、、

すっごいキリないやつ、、、

続きは次回で。

 

 

 

 

キンプリ×Disney

 

 

美女と野獣を見に行ってきました。

モチベ低めで、誘われたから行っただけだったけど、

 

 

とても良かった!!!!!!!!

 

 

シンデレラの時もそうだったけど!!

物語分かっていても良かった!!!

心がねじ曲がっているので、誠実な愛の物語は心に染みてしまって、号泣です。

鑑賞後スタンディングオベーションしたかった。

 

 

毎度ディズニープリンセス映画を見る度にこじらせて、映画楽曲を調べ尽くしてしまう癖。

そしてジャニーズオタクの私はデュエットソングを歌ってもらいたくなる。

 

光一さんと神田沙也加さんのアナ雪デュエットで拍車がかかってしまったよ。

 

自己満だし、偏ってるし、まず私はDオタではないので色々許して欲しい。

話の内容・キンプリ本人の人格も加味して独断と偏見でお送りします。

動画の字幕が入っている曲は重くなるので歌詞の掲載を省略します…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇True Love's Kiss【魔法にかけられて】×岸優太

 

Enchanted/魔法にかけられて True Love's Kiss/真実の愛のキス - YouTube

歌詞

 真実の愛のキス / 木村聡子 の歌詞 (1122753) - プチリリ

英語版歌詞

True Love's Kiss / 真実の愛のキス/Amy Adams, James Marsden - 歌詞検索サービス 歌詞GET

 

 

日本語版だと『真実の愛のキス』

魔法にかけられて】は2次元のお姫様が3次元に飛び出てきて、3次元の王子様と出逢う話。(雑)

私達ジャニーズとオタクの関係を真逆にしたみたい。

 

この曲は2次元の世界で2次元の王子様と歌うシーンで、2次元の王子様はまさに当て馬。

 

殆ど2次元の彼らにリア恋するのは、リア恋枠に愛された男岸くん!

 

ポップで最後の方にしか男性パート出てこないけど、

出会った時『なんて美しい人』という殺し文句。

こんなセリフを言われたら、どこのお姫様も彼にリア恋するしかないでしょ。

どう考えたって運命だと思うでしょ、結ばれると思うでしょ。

しかし、物語的にはこの王子様とは結ばれない所が当て馬の申し子岸優太感。

どこの次元にいても、リア恋するのは彼だけ。

 

生まれてくる次元間違えたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇I See the Light【塔の上のラプンツェル】×岩橋玄樹

 

輝く未来 (塔の上のラプンツェル) - YouTube

英語版歌詞

 http://m.kget.jp/lyric.php?song=137388

 

 

 

日本語版だと『輝く未来』

塔の上で1人だったお姫様と盗みをはたらいている男との恋物語

彼にはSHARKの旭みたいに闇を抱えた役をして欲しい願望。

心の孤独を共有した2人がランタンの灯る夜に、互いの居場所を見つけるだなんて…

恋におちるというより、居場所になることで互いを必要としている依存的な愛がなんだか似合いそう。

二人で居られれば他の世界は構わない感じ…(興奮を抑えてる)

 

あれ、どっかでこの感情になったことあるな…??(じぐいわじぐいわ)

 

 

 

 

 

 

 

〇ONCE UPON A DREAM【眠れる森の美女】×永瀬廉

 

いつか夢で (眠れる森の美女) - YouTube

英語版歌詞

http://j-lyric.net/artist/a04cf52/l01b81b.html

 

 

 

日本語版だと『いつか夢で』

映画化されたのはマレフィセントですが、歌詞的には眠れる森の美女の方がしっくりくるので。

 

互いに素性を知らないまま出逢い、恋におちるシーンで歌われる歌。

この王子はお姫様が夢に出てきた王子様を想って歌って踊ってるところにスッと割り込んできて歌い出すんだけど、

知らない男と踊るわけにもいかない警戒した姫にかけた台詞が

 

『夢であったでしょ?』

  

ヤベェ、、、チャラい、、、

貴方のこと知らないからって拒んだ姫に夢であったでしょって、、、

反論の余地もない口説き文句、、、

この口説き文句ですっかり彼のペースに飲まれてしまって押しに負ける感じ、、、

ラブホリ先輩かよ、、、

恋愛マスターの肩書きをもつ彼にドヤ顔かませながら歌ってくれないかな〜

 

夢で見た王子様に出逢えてその上口説かれるなんて前世でどんな徳を積めばいいんだ??

 

 

 

 

 

 

 

〇A Whole New World【アラジン】×高橋海人

 

 ア・ホール・ニュー・ワールド (アラジン) - YouTube

 

英語版歌詞

http://m.kget.jp/lyric.php?song=145872

 

 

 

すいません、ちょっとルックスが影響されちゃった感あります。

アラビアなあの服装絶対似合うじゃん。

 

魔法のランプで何もかも手に入れた彼は、

想いを寄せるお姫様に自由をプレゼントしてあげたいという純粋な心が海ちゃんっぽい。

欲しいものを与えてくれるんじゃなくて、見たことない景色を見せに連れてってあげるアイドルの真髄のような展開。

どんな環境に置かれても、真っ直ぐひたむきな心は変わらず一生懸命に、

どんなお姫様でも、知らなかったことを教えて叶えてくれる王子様。

 

手を取って連れ出して知らない世界に導いてほしい…

 

 

 

 

 

 

 

〇a dream is a wish your heart makes 【シンデレラ】×神宮寺勇太

 

 高畑充希&城田優 - 夢はひそかに Duet version (From "シンデレラ") - YouTube

歌詞

夢はひそかに (Duet version) - 高畑充希・城田優 - 歌詞&動画視聴 : 歌ネット動画プラス

英語版歌詞

 Nikki Blonsky/歌詞:A Dream Is a Wish Your Heart Makes/うたまっぷ歌詞無料検索

 

 

 

日本語版だと『夢はひそかに』

めちゃくちゃ王道なこの歌は、王道ど真ん中の国彼に歌っていただきたい。

願い続けていれば、必ず出逢えるよと

夢を夢で終わらせない彼の歌なのか…?

私達が想像する以上に紳士的でアイドルとして完璧な振る舞い、

国民的彼氏の名を欲しいままにする彼の裏に、

涙ぐましい努力を知ると、チャラ宮司時代に目頭が熱くなります。

彼が信じる夢はきっと必ず叶う必然的な運命を私達は信じられずには居られません。

まさに、みんなの理想の王子様そのもの。

 

なんか、ストーリー性より彼の人格に沿った感じになってしまったな。

 

 

 

 

 

 

 

〇Beauty and the Beast美女と野獣】×平野紫耀

 

「美女と野獣」アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド ミュージック・ビデオ - YouTube

歌詞

実写版「美女と野獣」日本語版の歌詞をご紹介!昆夏美&山崎育三郎/ディズニー - アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト

英語版

http://m.kget.jp/lyric.php?song=145881

 

 

 

見かけで判断しないで心を見て欲しいというテーマ。

美の神に愛されたような彼の容姿だけど、その美しさ以上に努力の人。

顔だけじゃなくて、才能のある、だけどちょっと抜けてる所がある魅力溢れる王子様。

美しい人だけど周りとは違うと煙たがられるお姫様と、心優しい人だけど恐ろしい顔つきという

真逆のようで孤独を抱えている点は同じな2人が恋に落ちるのは必然。

彼は見かけだけじゃない、素敵な王子様なのです。

 

あと、この曲は2人のダンスシーンで流れるのですが、

例の片手リフト是非彼にやってもらいたいし、実際に1番出来そうなのは彼で、光景が目に浮かんだから選んだのも理由の一つです(小声)

 

 

 

 

 

 

 

 

後半ニュアンスが変わってきた感じは否めませんが、想像というより願望、妄想エッセンス多めでお送りしました。

 

思っていたよりディズニーの王子様像って結構バラバラだったし、個性ある王道キンプリちゃんに是非デュエットして頂きたい!!!(誰と)

 

 

初めて若い現場に行った件

ここで初めに申し上げておきたいことがあります。

前回の記事

初めて若い現場に行く件 - 可愛いジャニーズの沼にはまりまして。

にて、難関うちわ作りについて戸惑っていましたが、

直前のTV誌にて本人が

「アメリカが好きだからうちわの文字はアルファベットがいいな♡」

のご要望がありまして、

漢字で作る予定がアルファベットで作ることに。

 

 

アルファベットムズすぎ!!!!

 

 

普段中抜きもつくっているのですが、アルファベットだととたんに難しい!!

色々考えすぎてゲシュタルト崩壊!!!

Gとかどうやって中抜きするの!?!?

検索したところで該当例がヒットするわけもなく、、、

死ぬほど時間をかけてGenkiを作り、あっさり燃え尽きた私は、Princeの文字も作るつもりだったが、ファンサ団扇に変更した。

 

普段茶の間に生息しているもんだから、慣れていないんだ、、、

体力も気力もババアの限界なんだ、、、

どうせ、当日は団扇よりもペンラ振り回す姿しか思い浮かばないし、私は挫折した。

 

 

 

そしてプレ販でお披露目になったグッズだが、

え、このペンラどこ持つの?の物議を醸した。

2色に点灯するが発色が弱そうだったので結局メイドイン嵐のアユハピライトを持参することに。

 

 

 

 

 

 

そして、当日!!!!横アリラスト!!!!

三月も下旬にして!!!極寒!!!!

そんなこと想定してないから意気揚々と春の格好で向かった。

 

 

電車に乗れば、沢山のオタク。

所謂、theオタク系の服を着た人がゾロゾロ、袋からちらっと見える団扇。私の右隣に座る子オタクだと確信するというあるあるネタを感じていたら、左隣の子はスキニージーンズに革ジャンでなかなかハードめな格好をしていて

「まさか同業者じゃないだろうな」

と思っていたら、チラッと見えた美勇人の文字。

「こ、この子も同じ畑、、、!!!」

Jr.担ってやっぱり向こうの人数多いと、オタクの格好も多様化するのだなぁと発見。

 

あぁ、これが現場感…

しかも年齢層若めの現場をひしひしと感じながら、現場という名の戦場へ新参者の私はビクビクしながら向かった。

 

 

今まで嵐のグッズを並びに並んできた私調べで、やっぱり効率的なのは公演中に買うことなので昼公演中に並ばずにグッズを購入。

グッズ参戦のプロ化が功を奏す。

 

 

適当に数時間潰し、寒いので17時開場と同時に中に入ろうとなったのだが、

混雑で昼公演の観客が退場しきれず、寒空の下雨がちらつく中、チケットをもぎったのは結局25分くらいかかった。

ちょうど追加公演のインタビューがあったようで、それで押していた説をあとから知った。

 

 

ドタバタしているスタッフさん達と恐らくドタバタしている出演者を想像し、このタフなスケジュールは若くないと無理だろうなとまた若さの実感。

 

 

 

 

 

さて、BOX席に向かいたいのだが、

 

BOX席どこだよ????問題

 

ロビーにはセンター席スタンド席の矢印があるのにBOX席は書かれてない!!!!

とりあえず、センター席では確実にないので二階に上がってスタッフさんに聞くと、

更に上の階だと言われ、向かうとチケットを確認後、別の通路の扉に通され、

 

え、関係者席??私はどんな席を当ててしまったんだ??

 

と思うほど、静けさに包まれた廊下におののき、もうあんなに並んでいたらトイレには行けないかなと諦めていたトイレが扉の中にもあって、並ばずにあっさり済ますことも出来た。

 

 

中に入ろうと扉を開けると、

 

え、楽屋か何かと間違えた???

 

そこは会場ではなく、ソファーやテレビが並ぶロビーみたいな、前室だった。

 

やべぇ、違うところ来ちゃったとアワアワしていると、先に中にいた親切な方がここで合ってますよと教えて頂き、

ここがBOX席なのか、、、と圧倒されてしまった。

こんなにのんびりと開演前までの時間を過ごしたことは初めてだった。

 

 

勿論、その部屋の向こうに扉があって、その扉を開けると座席に辿り着く。

 

 

着席ブロックなだけあって、簡易的な固い椅子ではなく、映画館ばりの座り心地の良さ!!!

下手したら寝れるほど快適!!!!

着席ブロックのポジション的にステージの正面で全体が見やすい!!!

アリーナ席やスタンド席に比べたら、確かに距離は感じるけど、さすが横アリ、全然肉眼で見れるし!!!

私のブロックは3席ごとに隙間が空いていて、三人で参戦した私達は周りに迷惑をかけることないプライベートの確保!!!

こんな待遇アリなの??と怖いくらいにババアとしては快適な席だった。

 

 

 

いざ、開演してみれば、ステージ正面なだけあってパフォーマンスが良く見える見える。

特に推されてるキンプリは正面ポジでパフォーマンスしてくれるので、ワチャワチャしてるのもちゃんと分かる贅沢さ。

やっぱり関係者席もこのブロックであるため、近い距離でふみきゅんが踊ってるのも確認出来てラッキー感。

じぐいわ芸もちゃんと見られて可愛さの供給過多で溶けそうだったり。

BTNが正面で見られて、且つ、はだけて風を受けるあの場面も生で見たため爆死。

ヴェ💢も少し焦らされたけどしっかり確認出来て、

一番はプリプリの2番がとても素敵で、優しく前向きな歌詞で、Princeちゃんも衣装がすっごい可愛いけど儚げで、こんな素敵な歌を歌うPrinceちゃんとこの場にいられて心から幸せだった。

 

テレビのまんまの、まるでマンガから飛び出してきたかのような彼らをこの目で見られて、私はこの時間を共有するために生きてきたのだなと、こんなに幸せで素敵な時間を7000円だなんて、実質タダだ、プライスレスだった…

 

 

 

参加している私もとても快適で、ペンラ振り回しすぎで、疲れたなと思ったら肘掛けあるし、

団扇持ちたいけど手が足りないなって時は、膝に乗せる新技。

何より、今回のMCはユニットの紹介程度で頗る時間がタイトだったので、座る間も無かったため、ずっと座っている私達は疲れを感じることなくコンサートを楽しめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総括して、

 

肉体的ババアにとってBOX席って偉大!!!!!

着席ブロックでも楽しいものは楽しい!!!!!

聖火台の方が近い席という国立競技場経験者の私にとって、横アリは近すぎだから、BOX席でも大満足💮💯

Princeちゃん尊い!!!!!

世界ありがとう!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

なんだか、レポというより、着席ブロックの話だったけど、すごく心地よかったし、良質な座席って観戦のモチベ上がるから素敵な時間だったよ!!!ってことが言いたかったので満足。